知ってて安心!自身や他人のプライバシーを守る心得

名前や住所などのプライバシー情報の保護

プライバシーは他人で守ってもらうだけでなく、自らも守る意識が欠かせません。例えば個人情報を自ら発信してしまう失敗は避ける必要があるでしょう。特にインターネットの利用でうっかり個人情報を公表してしまうと、生活に支障を及ぼす事になりかねません。本名や住所といった個人に関わるプライバシー情報は、不用意に明らかにするのは問題があります。プライバシー情報の公開は出来るだけ最小限に抑える配慮が欠かせませんね。

写真や動画の個人のプライバシーを守る意識

プライベートで撮影した写真や動画を、オンライン上で公開する人が増えました。しかし不注意でアップロードしたデータが、プライバシーを侵害する可能性が高いため注意を要します。写真や動画に映っている人にもプライバシーがあり、特に興味本位で撮影した他人のプライバシーを一般に公開するのは大きな問題に発展しかねません。そこで写真や動画を公表する際には、自身や他人のプライバシーを保護するための高い意識が必要です。

プライバシーが侵害された場合の対抗策

日常の生活やあるいはオンライン上でプライバシーが侵害された場合、個人の力だけでは対処できない場合もあるでしょう。そのような時は一人で悩まず、専門家に相談した方が問題の解決が確実で早いですね。弁護士はプライバシー問題に対する対抗策について、適切なアドバイスしてくれます。一方で弁護士に相談するのは大げさで費用も掛かると考えるのであれば、プライバシー問題の相談を受け付けている窓口に問い合わせる方法もありますよ。

シュレッダーは個人情報等の機密書類をカッターの刃がついた機械に入れると細かく切り刻んでくれて、文字が読めなくなります。簡単な手動のものから、オフィス用のものまで色々あります。