プロなら知っておくべき!ウェブ制作において気をつけるべきポイント

高齢者のことを考えたデザインを心がけるべし

日本にはすでに大勢のお年寄りがいて、そうした人たちもインターネットを使って生活をしています。今後もお年寄りの人口は増え続けることを考えれば、そうした人たちにとって優しいサイトデザインを心がけることはとても重要なことになるでしょう。老眼に優しい大きな文字が表示されるウェブサイトは、これからの時代のスタンダードになる可能性があるわけです。すでに官公庁のホームページでは、文字を大きくできるのが当たり前になってきています。一般の企業でもこうした点については注意をしておきたいものですよね。

最新のプラットフォームに対応しているかも要チェック

毎年のように新しいパソコンやスマートフォンが販売されていて、ウェブ制作におけるチェック項目も増え続けています。最新のデバイスできちんと表示されるかどうかは大変重要なことなので、この点も見逃さないように気をつけておきましょう。せっかく労力をかけて作ったウェブサイトが、最新デバイスで表示崩れを起こしてしまうと精神的なダメージも大きいですし、時には経済的なダメージに繋がることもあります。大勢の人に使ってもらうためには、ありとあらゆるデバイスに適切に対応ができていなければなりません。

リピーターを増やすためには軽いデザインが必須

ウェブサイトが重い場合は、どうしてもリピーターが増えにくくなってしまいます。表示に時間がかかるサイトは、それだけで敬遠されるのが業界の常識です。たとえ0.1秒であっても素早く表示がされるように注意をしてデザインを考えなければいけませんね。サイトは常時メンテナンスをし続ける必要があるものです。メンテナンス性能が高くなるようなデザインを心がけることもプロの世界では大事になります。こうしたポイントを抑えられれば、仕事に困ることはなくなるでしょう。

ホームページを作る際にはHtmlなどのマークアップ言語やCSSなどのスタイルシート言語を使いますが、それらを用いてソースコードを制作することをコーディングと呼びます