ネットワーク監視で必要になる監視項目にはこんなのがある

ハードウエアとサービス・プロトルコ監視

監視対象器のCPU使用率・メモリ使用率・ハードディスク使用率等をのソースを監視します。これをする事により、ハードウエアが異常状態になる事や障害を起こす事を防ぐようにしています。ネットワークでプロトコルは様々あり、色々なサービスが実現されます。そのサービス・プロトルコの監視を行って、自動車で例えるとブレーキやアクセル等の異常がないのかをチェックするのです。正常なネットワーク稼働を維持しながら、応答時間が適切なのかも監視しますs。

トラフィック・TRAP監視

自動車が正常に動いても、高速道路が渋滞していて目的地まで時間がかかる事もあります。同様にネットワークもハードソフトが正常でもトラフィックが混乱すると、接続が上手くいかなくなるのでトラフィックの監視が必要です。サーバーなどのトラフィック量を監視する事で、問題のある場所を見極めて対策が出来るようにします。監視されている機器が異常を感じると、TRAPの通知が自動的に送られる仕組みになっています。TRAP監視は、この通知を監視するのです。

ネットワークで監視が必要な理由

ネットワークの障害によるダウンやレスポンスが悪化しないようにや、悪化した時に直ぐに対処出来るように求められています。ネットワークを24時間人の手で監視をするのは不可能なので、人に代わってネットワークの監視を行うために稼働します。稼働を怠ると障害が起こった時に、大損失を受けるため監視の重要性は大きなものです。現代は動画のストリーム配信などで、情報通信ネットワークを利用する事がおおくなっています。このため、ネットワークは欠かせないです。

ネットワーク監視の必要性は、それぞれの企業のセキュリティに対する関心度に左右されますが、時には専門業者に依頼をすることも有効です。